Sine Qua Non [2019] Grenache Distenta I

$369.99

シン・クア・ノン [2019] グルナッシュ・ディステンタ・I

WA98点 世界でも最高のグルナッシュに数えられる逸品!

在庫切れ

商品コード: 200804-2 商品カテゴリー: ,

説明

シン・クア・ノンの最新ヴィンテージ2019年です。

パーカー98
このワインは76%グルナッシュ、8%ムールヴェードル、9.3%シラー、4.3%プティ・シラー、2.4%ヴィオニエの構成である。畑は11%クムラス、39%ザ・サード・ツィン、32%イレブン・コンフェッション、3%モリー・アイーダ、15%ビエン・ナシードの各畑から来ている。

43%全房発酵で醸され、グルナッシュが主体である。わずかなヴィオニエが赤ブドウに混じって加えられるが、興味深いことだが、このブドウは赤ブドウよりも早く熟すために、冷凍されて、発酵の段階で赤ブドウに加えられるのだ。副二効果として凍らせたブドウは全体を冷やし、発酵がゆっくり進むのを手助けする。23ヶ月、26.5%のフレンチオークの新樽で熟成され、66.7%が古樽、6.8%がコンクリート槽となっている。瓶詰めは2021年6月21日だった。

ミディアムから深いガーネット/紫色で、奥行きのあるブラックラズベリー、ボイズンベリー、チェリーのジャムの香りが爆発し、ハム類、チャコール、ブーケガルニ、アニスシードなどを底流に感じる。辛抱強くスワリングして、なだめていると、赤いバラ、低木が感じられる。フルボディの上にフルボディの味わいは素晴らしくみずみずしくて、その強烈さはファンタスティックなフレッシュさと釣り合いが取れ、フィニッシュは長く、美味なドライハーブが感じられる。

昨年、マンフレッド・クランクルはちょっとフラストレーションを浮かべて「ワインに名前をつけることはほとんど不可能になっている」と言った。「全部使われてしまっている。『No Name!』っていうのさえもダメだった」
この会話の後、新しいリリースに「Squeezebox」とつけられそうになったのだが、やっぱりダメになった。誰かがその名前をすでに取ってしまっていた。結局同じ意味のドイツ語である「Ziehharmonika」に変えざるを得なかった。クランクルは毎年新しいワインラベルに気の利いた名前をつけることを(今のところ)やめている。2019年以降は全てのワインをラテン語で「Unlabeled」を意味する「Distenta」と呼び、その後に番号をつけることにした。そういうわけで2019年のグルナッシュとシラーは「Disttenta I」となっている。エライン・クランクルによると「今後気の利いた名前は二度とつけられないと言うわけではないと思うが、現在の所、しち面倒くさい訴訟やラベルをあとから剥がされるようなことに巻き込まれないようにしている」
もっと大事なことは、毎年ブドウのブレンドが変わるように、ワインラベルのアートは引き続き毎年変えていくらしいということだ。

 

シン・クア・ノン
カリフォルニアの最上のシラー、グルナッシェ、デザートワインの作り手と言えるでしょう。オーナーでワインメーカーのマンフレッド・クランクル氏は鬼才という言葉がぴったりの人で、それほどワイン造りの経験があるわけではないのに、超高品質なワインを生み出しているのです。

シン・クア・ノンを有名にしているのが毎年ボトルデザイン、ラベルデザインがガラッと変わってしまうこと。一見しただけではどこのワインか全くわからないのです。通常はラベルなどのブランドイメージを何とか確立しようとがんばるものですが、ここにはそんな常識は通用しないようです。しかもラベルやボトルのデザインはクランクル氏自らが行っているというのですから、ワインメーカーというよりはデザイナーかアーチストといった方がいいくらいです。

ラベル、キャップ、液面(コルク下1.2センチ)の状態は良好です。

追加情報

重さ 1 kg