Aubert Pinot Noir UV Vineyard Sonoma Coast 2018

$189.99

オベール [2018] ピノ・ノアール・UV・ヴィンヤード・ソノマ・コースト

パーカー98+点!

在庫9個

商品コード: 201119-9P 商品カテゴリー: 商品タグ:

説明

ナパでの大規模な山火事に見舞われた2017年を乗り切ったオベールですが、2018年はやや冷涼な年だったとのこと。しかし発酵が極めて順調に行ったとマーク・オベールはWA誌に語っています。その結果長期熟成可能な素晴らしいUVのピノ・ノアールが生まれました。

 

パーカーのコメント(98+点)
「オベールの2018年ピノ・ノアールは2019年7月始めにボトリングされた。ミディアムから深いルビー/紫色をした2019年ピノ・ノアール・UVヴィンヤードは最初にモレロ・チェリー、ルバーブ、ラズベリーパイ、ブーケガルニ、ライラックなどの強い香りがあり、マーマイトトースト、フンギ茸、香りの良い土と森の地面なども感じられる。フルボディでサクサクしたレッドベリーに加えて大量の土のアクセントが詰め込まれ、固く粗めのタンニンと継ぎ目のないフレッシュさに縁取られ、素晴らしくスパイシーなキックを持つ長い余韻がある。

今でも美味しいが信じられないほど美しく熟成するのは間違いない。しばらく飲むのを我慢して楽しみを先に延ばせば、遙かに報いてくれるだろう。」

 

オベール(オーベルト)
コルギンのワインメーカーをしていたマーク・オーベルト(Aubertはフランス人なので、フランス語読みすると「オベール」らしいですが、アメリカ人ではそれを知らない限りオベールと読む人はいないでしょう。当サイトでも英語読みでいきます)が独立して立ち上げたワイナリーです。2001年が最初のヴィンテージでしたが、いきなりパーカーがシャルドネに対して94点を献上し、超品薄ワインになりました。その後も評価は上がる一方で、値段もウナギ登り。キスラーやピーター・マイケル、マーカッシンらに並ぶ人気、実力と言っても過言ではありません。そしてカリフォルニアにおいてすらますます入手が困難になっています。

作られているのはシャルドネとピノ・ノアールで、ともに絶大な人気を誇ります。

ラベル、キャップ、液面(コルク下0.3センチ)の状態は良好です。

追加情報

重さ 1 kg