Aubert Pinot Noir UV-SL Vineyard Sonoma Coast 2019 (Pre-Arrival, Fall 2021)

$179.99

オベール [2019] ピノ・ノアール・UV-SL・ヴィンヤード・ソノマ・コースト(予約販売)

ワイン・アドヴォケイト誌 96+点!

在庫2個

商品コード: 210812-2-USP 商品カテゴリー: 商品タグ:

説明

当社到着は2021年11月を予定しています。

 

ワイン・アドヴォケイト誌のコメント(96+点)
「2019年UV-SLヴィンヤード・ピノ・ノアールは2006年に植えられたブドウ樹からのワインである。2020年7月始めにボトリングされた。
ミディアムから濃いルビー/紫色で、サクランボリキュール、レッドカラントのゼリー、ブラックラズベリーのコアを取り囲むように香る砕いた岩、耕された土、トリュフ、南仏の低木が最初に興味を引き、次第にスパイシーで、香水を思わせるカルダモン、プロヴァンスのハーブとラベンダーなどが現れてくる。フルボディの味わいはケタ違いにパワフルでファンタスティックなほどに多層的で、イキイキとしたフレッシュさ、硬さ、細かさのあるタンニンによって岩のように硬いバックボーンを感じる。土/鉄を思わせるフィニッシュが果てることもなく続く」

 

オベール(オーベルト)
コルギンのワインメーカーをしていたマーク・オーベルト(Aubertはフランス人なので、フランス語読みすると「オベール」らしいですが、アメリカ人ではそれを知らない限りオベールと読む人はいないでしょう。当サイトでも英語読みでいきます)が独立して立ち上げたワイナリーです。2001年が最初のヴィンテージでしたが、いきなりパーカーがシャルドネに対して94点を献上し、超品薄ワインになりました。その後も評価は上がる一方で、値段もウナギ登り。キスラーやピーター・マイケル、マーカッシンらに並ぶ人気、実力と言っても過言ではありません。そしてカリフォルニアにおいてすらますます入手が困難になっています。

作られているのはシャルドネとピノ・ノアールで、ともに絶大な人気を誇ります。