Aubert [2019] Chardonnay Larry Hyde & Sons Carneros

$229.99

オベール [2019] シャルドネ・ラリー・ハイド&サンズ・カーネロス

WA 97-100点!

在庫4個

商品コード: 210226-6LH 商品カテゴリー: , 商品タグ:

説明

現在カリフォルニアで最も優れたシャルドネの造り手を挙げるとしたらオベールしかないでしょう。ソノマやナパの各地の畑からテロワールを活かした素晴らしいシャルドネを造り続けています。どの畑でも、どのヴィンテージでもパーカーからハイスコアを献上されるのはスゴいとしか言いようがありません。2019年もフラッグシップのローレンを始め、パーカー満点に近いワインが並んでいます。

 

2019年オベールのシャルドネのワイン・アドヴォケイト誌のポイント

WA誌のコメント(97-100点)
「マーク・オベールはこの畑はうちで最も冷涼な場所にあり、通常収穫も最後になると言った。Hyde Estate Wineryの近くにあり、午後に吹く冷たい風のおかげでロス・カーネロスAVAのナパ側でも実際最も冷涼な畑だ。

セント・ジョージ苗木のコルトン・シャルルマーニュクローンが植えられている。バレル・サンプルだが、50%フレンチオークの新樽で熟成されている。

なんと言うことだ!2019年シャルドネ・ラリー・ハイド&サンズはグラスから爆発するかのような海のしぶきの香り、削ったばかりのショウガ、レモンクリーム、グレープフルーツが飛び出してきて、加えてグリーン・グアバ、ライムジュース、コリアンダーシードや火打ち石の火花も出てくる。フルボディでリッチでイキイキとしており、味わいは素晴らしくフルーティだが、ミネラルのきらめきとピリッとしたニュアンスが大量にあり、フィニッシュはとても長くてスパイシーだ。このヴィンテージは疑いようもなく、2019年の畑の強みを素晴らしく活かしており、驚くほどの非凡さと強烈さがあるという意味で実に印象的なワインとなっている。」

Aubert
コルギンのワインメーカーをしていたマーク・オベールが独立して立ち上げたワイナリーです。2001年が最初のヴィンテージでしたが、いきなりパーカーが94点を献上し、超品薄ワインになりました。その後も評価は上がる一方で、値段もウナギ登り。キスラーやピーター・マイケル、マーカッシンらに並ぶ人気、実力と言っても過言ではありません。そしてカリフォルニアにおいてすらますます入手が困難になっています。

このAubertの読み方ですが、もともと彼はフランス人なので、フランス風に読めば「オベール」もしくは「オーベール」、英語風に読めば「オーベルト」と発音します。

 

ラベル、キャップ、液面(コルク下1.2センチ)の状態は良好です。

追加情報

重さ 1 kg