Perrot-Minot Charmes Chambertin VV 2005

ペロ・ミノ 2005 シャルム・シャンベルタン・VV

パーカー94-95点 ルソーのシャンベルタンに接する区画から大ブレーク!

モレ・サン・ドニに本拠地を構え、家族4代にわたって続くドメーヌです。1993年に現当主のクリストフ・ペロ・ミノ氏が父からドメーヌを引き継いで以来、ブドウ栽培から醸造まであらゆる工程を大幅に見直しました。例えば、彼は化学肥料の使用をやめ、グリーン・ハーヴェストを徹底的に行い、1つの木から6~7房しかならないように大胆な収穫制限を実行しました。当然、素晴らしいワインを産みだし、パーカーはデュガやルーミエと同等と論じ、ワイン・スペクテーターで特集記事が組まれるなど、今や大注目の作り手です。日本でもワイナート誌第9号「シャンボール・ミュジニー特集」の巻頭カラーで取り上げられました。

 

ドメーヌ・ペロ・ミノ  ロバート・パーカー著「世界のワイン」 より
「将来スーパースターになる可能性を秘めているものについて語ろう。クリストフ・ペロー=ミノ(アンリの息子)の名は、リニエ、デュガ、ルーミエなどと同じくらい有名になるであろう。私は、このドメーヌを去るとき、ムルソーにあるアルノー・エンテのドメーヌを離れるときのように興奮した。若い人のワインを初めて試飲し、しかもそれが極上のものだと分かることくらい満足し、心が沸き立つことはない。クリストフ・ペロ=ミノに、ブラヴォー!

 

このドメーヌの畑には、2つの種類があります。1つは家族代々受け継がれた畑で、ここからのワインはドメーヌ・アンリ・ペロ・ミノとしてリリースされます(この2005年から「ドメーヌ ペロ・ミノ」に統一)。そしてもう1つはクリフトフ・ペロ・ミノ氏がドメーヌを引継いだ1993年以降に買い増した畑で、その多くは1999年に引退したペルナン・ロッサンの畑です。これらの畑からできるワインはドメーヌ・クリストフ・ペロ・ミノとしてリリースされます。どちらもクリストフ氏が畑の管理、醸造を一手に手がけているものなので、品質は折り紙付きです。

下の表を見ればわかるとおり、2005年のペロ・ミノはパーカー99-100点を獲得したシャンベルタン・クロ・ド・ベーズを筆頭にすさまじいばかりの得点を獲得し、大々ブレークしました。

パーカーのコメント(94-95点)
「ペロ・ミノのシャルム・シャンベルタンVV2005年は、ルソーのシャンベルタンに接し、アペラシオンで最も標高の高い区画にある樹齢65年のブドウ樹からのもので、ピュアでリキュールのようなブラックベリー、黒トリュフ、百合の花のようなアロマがあり、口に含むとフルーツの壮麗な奥行きとリッチさがあり、後には牛の骨髄、クリーミーな質感なのに永遠にも感じるフレッシュな果実味、ピリッとした褐色のスパイス、そして驚くほどの強烈なフィニッシュが続く。オーストラリアのワインメーカー達が言うところの「果実の重み(fruit weight)」があるが、それでいて実際の味わいには重さを感じさせるものは微塵もないのだ。優雅さではシャペル・シャンベルタンが勝るけれど、このワインには恐ろしいほどのナマのリッチさと強さがあり、少なくとも10年は触らないでおく方がベストだろう。」

 

ラベル上部にわずかですが、こすったキズがあります。元々ラック・コーポレーションにより日本へ輸入されたものです。
キャップ、液面(コルク下0.3センチ)の状態は良好です。

$329.99