Perrier-Jouet Fleur de Champange Cuvee Belle Epoque Brut 1999

ペリエ・ジュエ 1999 フルール・ド・シャンパーニュ・キュヴェ・ベル・エポック・ブリュット

エミール・ガレのボトルが美しい90年代の名品!

ペリエ・ジュエ
1811年、先祖代々、シャンパンのコルク栓の製造を営んできたピエール・ニコラス・マリー・ペリエとその妻アデル・ジュエによってシャンパーニュの中心地の1つであるエペルネに創業されました。

クラマン、アイ、ヴェルズネー、アヴィズ、といったシャンパーニュ地方でも名だたる畑を108ヘクタール所有しており、そのほとんどがグラン・クリュに指定されています。しかもそのうち40haは最良のシャルドネを生み出すクラマンのプルミエ・グラン・クリュの地域にあります。同社のシャンパンは全アイテムにクラマンのシャルドネが使われています。

2代目のシャルル・ペリエは1800年代後半に時代に先がけて、辛口シャンパンやヴィンテージシャンパンの醸造を始め、1861年には、ビクトリア女王の指名により、英国王室向けシャンパンのオフィシャル・サプライヤーとなりました。

そして1902年、3代目のアンリ・ガリスはアール・ヌーヴォーを代表するガラス工芸の大家であるエミール・ガレにボトルのデザインを依頼しました。アネモネの花をモチーフにしたボトルはその後忘れ去られていましたが、1964年に地下蔵の片隅で発見され、その美しさに感銘を受けた当時のワインメーカーが、そのボトルに相応しいスペシャル・キュヴェである「ベル・エポック」を造ることを決意しました。

そして、5年後の1969年、初めてのベル・エポックがパリの高級レストラン「マキシム」と高級食料品店「フォション」で世に送り出されました。それ以来、グラン・クリュの畑から生産されるシャルドネ種を主体に、ピノ・ノアールとピノ・ムニエがブレンドされた気品のある味わいを誇ります。ベル・エポックは花のシャンパン<Fleur de Champagne>と言われるほどの、キリッとした香りと繊細な泡立ちとの完璧なバランスで多くの人々を魅了し続けています。

 

ラベル、キャップ、液面とも状態は良好です。

$179.99