Aubert Chardonnay Eastside Russian River Valley 2013

オベール 2013 シャルドネ・イーストサイド・ロシアン・リヴァー・ヴァレー

パーカー100点!ついにパーカー満点シャルドネ誕生!

ついにカリフォルニアのシャルドネとしては11本目のパーカー満点ワインとなったオベール2013年イーストサイド!2014年12月の試飲では98-100点でしたが、1年後の2015年12月の試飲では完全に100点を献上されました!現地の価格は500ドル近くの値をつけるショップも!

これまでカリフォルニアのシャルドネで完全100点を献上されたのはマーカッシンから7本、ピーター・マイケルから2本、コングスガードから1本でしたが、ここにオベールのイーストサイド2013年が加わりました!

 

パーカーのコメント(100点)
「2013年イーストサイドはモンラッシェのクローンが植えられたユリシーズ・ヴァルデス所有の畑からのもので、このクローンはリパリア・グロワールと呼ばれる非常に収量の低い品種である。このワインはものすごいインテンシティ(力強さ)、大量の石のようなミネラルを持ち、かすかなホワイトピーチ、パイナップ、アーモンド・ペースト、ブリオッシュ、クリーム・ブリュレの香りの中に実にピシッとした折り目正しさも持っている。これは他を圧倒するワインで、2013年シャルドネでパーフェクトな1本である。
私はこのワインがピークを迎えているとはとても思えなかったのだが、試飲にこそ真実はある。ボトリング後、何かが足りず、抑制的だと思ったのが、まさにこの3-4ヶ月の間に素晴らしい成長を遂げた。この5エーカーの畑はロシアン・リヴァーのイーストサイド・ロードにある西向きの丘にある。今後10-12年は飲み頃だ。」


Aubert
コルギンのワインメーカーをしていたマーク・オベールが独立して立ち上げたワイナリーです。2001年が最初のヴィンテージでしたが、いきなりパーカーが94点を献上し、超品薄ワインになりました。その後も評価は上がる一方で、値段もウナギ登り。キスラーやピーター・マイケル、マーカッサンらに並ぶ人気、実力と言っても過言ではありません。そしてカリフォルニアにおいてすらますます入手が困難になっています。

このAubertの読み方ですが、もともと彼はフランス人なので、フランス風に読めば「オベール」もしくは「オーベール」、英語風に読めば「オーベルト」と発音します。

ラベル、キャップ、液面(コルク下1.0センチ)の状態は良好です。

$249.99