J. Rochioli Pinot Noir West Block 2004

J・ロキオリ 2004 ピノ・ノアール・ウエスト・ブロック

パーカー96-98点、パーカーも世界最高のピノの一つと絶賛!

ピノ・ノアールの名手ロキオリは今や、カリフォルニアを代表するワイナリーであり、グローワー(ブドウ農家)でもあります。

2004年のロキオリは高得点がズラリと並び、過去最高のヴィンテージとの呼び声も高く、例年以上に品薄でしたこのウエスト・ブロックもパーカー96-98点、スペクテーター96点で(コレクション・アイテム Collectibles)の超ハイスコアがついています。

 

ロキオリ
一族が1938年から所有していたロシアン・リヴァー・バレーの土地に、1959年、現オーナーの父であるジョー・ロキオリ氏がその潜在能力を見いだし、いち早くブドウの栽培に取り組みました。当時はブドウ栽培農家に徹して、もっぱら近隣のワイナリーにそのブドウを販売していました。

しかし1982年、現オーナーのトム・ロキオリ氏が自社でワインを造り始めました。現在でも栽培するブドウの70~75%は契約ワイナリーに販売されていきますが、ロキオリのブドウを買うことができるのは、ロキオリが一流と認めたワイナリーだけで、ウイリアムズ&セリエム、ゲリー・ファレルなどほんの数えるほどです。

ロキオリのワインは、ワインメーカーでもあるトムが、ゲリー・ファレル氏のコンサルティングを得ながら品質重視を貫いており、今やカリフォルニアのピノ・ノアールの作り手としては屈指の評価を確立しています。中でも単一畑もののピノ・ノアールは人気が高く、ワイナリーでもほとんど試飲すらさせてもらえない逸品です。

リリース価格でいうと「イースト・ブロック」が一番高く、次いで「ウエスト・ブロック」、「リバー・ブロック」「リトル・ヒル」となります。もともと生産量が極端に限られているため、いい年のものはプレミアムがついて200ドルを超えてしまいます。

 

 パーカーのコメント(96-98点)
2004年ウエスト・ブロック(400ケース)はこれまで私がテースティングした中で、それはアメリカに限らず、世界中での話だが、最も奥深いピノ・ノアールの一つである。この特筆に値するほど力強いワインをグラスに注ぐと、膨大な花、ブラック・ラズベリー、森の地面、チェリー・リキュール、ブラック・カラント、それにアジアのスパイスなどのアロマが立ち上がる。多層構造で、様々な質感を持ち、フルボディ、深遠な余韻の長さ、目もくらむほどの混じりけのなさ、そして素晴らしく均整が取れている、

まさにピノ・ノアールの傑作であり、ピノ・ノアールという気まぐれな品種をカリフォルニアのワインメーカーがこれほどまでにうまく飼い慣らしているという絶妙なる好例だろう。栄誉あるトム・ロキオリ、彼はワイン業界でも真に偉大な男の一人である」

 

 ワインスペクテーターのコメント(96点) Collectibles
あふれんばかりにフルーティで、リッチ、そして幾層にも重なった、力強く凝縮したブラックチェリー、ワイルドベリー、ブラックベリーなどの果実。それらは固く、堅牢で、フィニッシュではベリーのフレーバーが爆発せんばかりだ。オークの効いたエッジも申し分ない。」

 

ラベル、キャップ、液面(コルク下0.3センチ)とも状態は良好です。

$199.99