Fourrier Griottes-Chambertin VV 2009

フーリエ 2009 グリオット・シャンベルタン・VV

パーカー96点、リアルワインガイド97点「2011年トップのワイン」
 

リアルワインガイド誌36号の「2011年のベストワイン」で、堂々の第1位に選ばれました。

「近年のフーリエはジョルジュ・ルーミエに似たオーラを感じる」と絶賛!しかしアメリカでもフーリエは大ブームとなっており、特にフラッグシップのグリオット・シャンベルタンは価格も天井知らず、入手も限りなく不可能です。

 

グリオット・シャンベルタン VV 2009
品質的にもスタイル的にも、やはりこのワインが2011年ブルゴーニュのトップ。近年のフーリエはジョルジュ・ルーミエに似たオーラを感じる

2011年の日本市場でこのワインを含めたフーリエ入気は凄まじかった。このグリヨットはもちろんショップで瞬売。何本日本に入荷したのかは知らないが、このワインをゲット出来た方には心からおめでとうと言いたい。本当に家宝としてほしい。2011年6月にドメーヌを訪問して試飲したわけだけど、09年のフーリエは村名クラスからして図抜けていい。そして最後にこのワインを試飲したときの感動は忘れない。ワインの人間に対する力というものをまざまざと見せつけられた。しばらくの間、立ち尽くした。

リアルワインガイドのコメント(今飲んで95+点、ポテンシャル97点)
はい。もうぐうの音も出ませんの素晴らしすぎる香り。ともかく香りの分析必要なし。ともかく半端なくいい香りなのだ。そして飲む→なんなんだこの美味しさは。そして言葉に出来ない感動は。しかし言葉に置き換えるのが仕事なので、仕方なく単語にする。味が一点に集中して、次いで口中で拡散するという極一部のトップワインが持つ性格があり、味の複雑性はほとんどのワインを凌駕する。このワインを現在の現実的なグラン・クリュの最高峰としたが、それにたがわないとんでもない仕上がり。そしてナチュラル。凄すぎる。」

パーカーのコメント(96点)
「このワインは相対的にはデリケートで軽やかなワインで、表情豊かなアロマと背後に横たわる果実味がある。一見、ミディアムボディで、肉付きがよくなるまで時間が必要だが、超絶的なワインであることは間違いない。予想される飲み頃:2019-2029年。」

 

ラベル、キャップ、液面(コルク下0.3センチ)の状態は良好です。

$1,199.99