メールマガジン

「レア&カルトなワインの物語----ワインは人が作る」


第23回 「パソ・ロブレスの超シンデレラワイン、サクスム」

美味しいシラーの作り手。次は若手の注目株であるサクサム(Saxum Vineyards)のジャ
スティン・スミス氏(Justin Smith)をご紹介しましょう。

サクサムはパソロブレスにあるワイナリー。設立は2002年ととても新しいワイナ
リーですが、設立当初から高い評価を得ています。

オーナー兼ワインメーカーであるジャスティン・スミス氏は30代なかばの笑顔がさ
わやかなイケメンです。某雑誌に載っていた彼の写真を見て「あ、かっこいい。彼の
ワイン飲んでみたい。」と思ってしまいました。

なんと不純な動機と思われるかもしれませんが、ラベル買いならぬワインメーカーの
ルックス買いもけっこう当たるんですよこれが。真面目な雰囲気の人はしっかりとし
たワイン、お洒落な人はスマートなワイン、温かい雰囲気の人はほっとするワインを
作っていたりするのです。

それはさておき、ジャスティン・スミス。彼がワイン作りに着手したのは1997年
のことです。大学時代の友人であるマット・トレビソンとリーンカロド(Linne
Calodo)というワイナリーを設立しました。ジャスティンが主に畑の管理を、マットが
ワインメーキングを担当。彼等の作り出すシラーは非常に評判の良いものでした。

畑の管理だけでなく、もっとワインメーキングもしたいと思っていたジャスティンは
リーンカロドを離れ、2002年に自分のブランドであるサクサムを立ち上げます。
ちなみにリーンカロドは現在マットが所有し、現在でも評価の高いローヌ系ワインを
作り出しています。

サクサムのワイナリーがあるのはパソロブレスの西側。ジャスティンの父親が所有す
るジェームス・ベリー畑 (James Berry Vineyard)の中です。設立当初はギャレットソ
ンの施設を利用してワイン作りをしていましたが、2003年に、自宅の隣にワイナ
リーが完成しました。

サクサムのワインでお勧めはなんといっても2001 Saxum James Berry Vineyard Bone
Rock Syrah(パーカー95点)です。ジャスティンの父親が所有するジェームス・ベリ
ー畑の中でも丘の上にあるボーン・ロックと呼ばれる区画の葡萄を使用しています。
この畑は名前の通り、太古の鯨の化石が散乱していることからボーン・ロックと名付
けられました。岩がゴロゴロというよりも、タイルの廃材が散乱しているかのような
中にブドウ植えてあります。地層は非常に固く、ドリルで穴をこじ開けてブドウ植え
るくらいだそう。

そんな過酷な環境で育ったシラーは非常に果実味たっぷり。ジューシーなワイルドベ
リー、ラズベリー、ブラックベリーの酸味が美味しい。複雑でフルボディ。いろんな
フルーツの味が楽しめます。生産量325ケースと少なく、扱っているワイン屋さん
も限られていますが見つけたら買いです。

もうひとつお勧めは2002年が初リリースの2002 Saxum Broken Stone Syrah(パーカー96
点) 。こちらは90%シラー、10%グレナッシュのブレンドです。Bone Rock Syrahに
利用されなかっジェームス・ベリー畑のブドウが使われています。Bone Rockがビッグな
ワインとするとこちらはやや軽めのエレガント系。ブラックベリー、バニラやクロー
ブの香り。元気なフルーツ満載だけどBone Rockよりも繊細でエレガントな作りになっ
ています。

2003年ビンテージからは新たに2003 Saxum Rocket Block James Berry Vineyardという
ワインも作られましたが、なんといきなりパーカー98点!チャンスがあったら是非味わ
ってみたいワインです。

----------------------------------------------------------
●メルマガ配信中
「レア&カルトなワインの物語---ワインは人が作る」 
申し込みとバックナンバーはこちらから 
http://www.littlewine.com/

----------------------
●世界のレア&プレミアムワインをアメリカからお買い得価格でご提供!●
「ちいさなワイン屋さん」 http://www.littlewine.com

ちいさなワイン屋さん ウェブマスター
<webmaster@littlewine.com>

Tentando Superabis, Inc.