メールマガジン

「レア&カルトなワインの物語----ワインは人が作る」


第22回 「パロマ(2)」

575ケースから始まったパロマの初リリースは1994年。こちらもスマッシ
ュヒットとなりました。

プライドが自社畑のメルローの収穫量が増えるにつれ、パロマのケース数も増え
ていきます。そして2000年からはリチャーズ夫妻がワインメーキングもする
ようになりました。「ジム・プライドやロバート・フォーリーはもちろん、色ん
な人にアドバイスをもらいながらやっています。」という彼等のワインは翌20
01年のビンテージでなんとワインスペクテーター誌のトップワインとなるので
す。さらにメルローではカリフォルニア史上の最高得点をマーク。「父ちゃん、
母ちゃん経営のワイナリーが最高得点!」とニューズウィーク誌にも掲載されま
した。

その2001年のパロマ・メルローはビッグで複雑、ブラックベリーフルーツの香
り、非常に濃縮された果実、スパイス、ミネラル、エスプレッソ、しっかりとし
て固いがまろやかなタンニン、フルボディでゴージャス、嫌味が全くない、とい
うワインだそうです。テイスティング・ノートからはなんとなくプライドのワイ
ンに似てるのかな?という印象を受けます。

とにかくワインスペクテーターの年間第一位に選ばれてからというもの、パロマ
の2001年メルローはもはや市場ではまず見かけられないレア・ワインになってし
まいました。アメリカではごくたまにオークションなどで見かけますが、価格は
軽く150ドルを超えています。もともとが40ドルくらいですから、とにかく一夜に
してものすごいプレミアムがついてしまったのです。これぞシンデレラ・ワイン
と言えるでしょう。

育てるのが難しいといわれるメルローをうまく栽培する秘訣は何なのでしょう
か?リチャーズ夫妻によれば「とにかく世話を怠らないこと。鷹のような目を持
ち注意深く葡萄を観察すること。」だそうです。70歳のバーバラは今日もガラ
ガラ蛇用の銃を持ちながらトラクターで畑を駆け回っています。まだまだ現役の
70代。かっこいいです。

----------------------------------------------------------
●メルマガ配信中
「レア&カルトなワインの物語---ワインは人が作る」 
申し込みとバックナンバーはこちらから 
http://www.littlewine.com/

----------------------
●世界のレア&プレミアムワインをアメリカからお買い得価格でご提供!●
「ちいさなワイン屋さん」 http://www.littlewine.com

ちいさなワイン屋さん ウェブマスター
<webmaster@littlewine.com>

Tentando Superabis, Inc.