ブルゴーニュ(赤)
フランス (ブルゴーニュ赤)
中世より、ピノ・ノアールから複雑で、香り豊かな銘酒を生みだし続けているブルゴーニュ。ロマネ・コンティ、ルロワ、アンリ・ジャイエなど高価で希少なワインの産地として世界的に人気が高い生産地です。
!

Marey-Monge Romanee St.-Vivant 1965 (by DRC) (Lower Fill)

!

モレ・マンジュ 1965 ロマネ・サン・ヴィヴァン(by DRC)(低液面)

大幅値下げ!
モレ・マンジュのラベルでは最後のロマネ・サン・ヴィヴァン 

特級ロマネ・サン・ヴィヴァンの畑はそのほとんどをモレ・マンジュが所有していました。このボトルは1965年ヴィンテージで、モレ・マンジュのラベルになっていますが、裏にはドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティによる裏ラベルが貼ってあります。DRCは1946年にモレ・マンジュからロマネ・サン・ヴィヴァンの耕作権の一部を取得し、このワインの醸造にかかわってきたのです。

このワインの裏のラベルには、「このラベルが緑と黒色で書いてあれば『偉大なヴィンテージ』」、「マルーン(えんじ)と黒色だと『良好なヴィンテージ』」、「ドメーヌの基準に満たない年は瓶詰めされない」と書かれています。そしてこのボトルは緑と黒色のラベルです。つまり1965年はDRCが偉大なヴィンテージと認めた年ということになります。

モレ・マンジュのロマネ・サン・ヴィヴァンは1966年以降は耕作権を100%DRCが取得し、ラベルもDRCのものとなりました。さらに1988年にはDRCが畑を取得して現在に至っています。DRCはこの畑を取得する資金を捻出するためにエシェゾー、グラン・エシェゾーを売却してしまったほどです。それほどこの畑が欲しかったと言うことです。

DRCのロマネ・サン・ヴィヴァンは現在でもモレ・マンジュに敬意を表してラベルに「MAREY-MONGE」と記しています。

 

液面はコルク下5.5センチと低めです。表ラベルは割と良好ですが、裏のラベルの上部にはシミがあります。キャップシールに一部緑色のサビが見られます。いずれも右上の写真をクリックしてご確認ください。

$1,699.99→1,199.99