ブルゴーニュ(赤)
フランス (ブルゴーニュ赤)
中世より、ピノ・ノアールから複雑で、香り豊かな銘酒を生みだし続けているブルゴーニュ。ロマネ・コンティ、ルロワ、アンリ・ジャイエなど高価で希少なワインの産地として世界的に人気が高い生産地です。
!

Chateau de Bligny Pommard 1976 (Damaged Label)

!

シャトー・ド・ブリニ 1976 ポマール(キズラベル)

長熟で、強い酒質で知られるポマール!

Bligny Les Beauneというボーヌ近郊の村にあるシャトーです。実際にワイン造りを仕切っているのは、ピエール・イブ・マッソンです。

長熟で強い酒質を誇るポマールです!

シャンパーニュ地方、Blignyという村に同名のシャンパン・メゾンがありますが別の造り手です。

 

ラベルとタグに剥がれ、シミがありますので、右上の写真をクリックしてご確認ください。
キャップ、液面(コルク下2.2センチ)の状態は良好です。

$129.99

Chateau L'Ange Gardien Pommard Le Petits Noizons 2000

!

シャトー・ランジュ・ガーディアン 2000 ポマール・レ・プティ・ノワゾン

「ポマールはシャベルで掘り返したかと思うほどテロワールの風味がふんだんなワイン」(マット・クレーマー)


ランジュ・ガーディアンはボーヌにあるカーヴ(試飲所)です。このワインはそこのプライベート・ブランドです。

レ・プティ・ノワゾンは兄格の「レ・ノワゾン」とともに、ポマールの村名畑の中では最優良区画です。1級畑のすぐ上にあり、南東向きの恵まれた立地にあります。畑の上を寒風が吹き抜けますが、夜は、畑に混じる無数の小石が昼間の熱を放射します。 ポマールらしい長命な骨格と外交的な明るさのあるワインです。

ポマール (マット・クレーマー著「ブルゴーニュワインがわかる」より)
「ポマールのワインに期待していいものとはなんだろう。まず長命なワインというところか。どれも頑丈でないにせよ、ポマールの多くは長生きする骨格をもち、花ひらくのに10年、いや15年かかることもある。ピノ・ノアールの”ブリュット”と言ってよく、こってりと濃密で、あけひろげである

熟成したポマールが食卓で無類のワインとなるひとときがあるからだ。狩りの獲物に合うとはよくいわれるが、そのとおりである。すぐれたポマールからはまぎれもないテロワールの風味がふんだんに匂いたち、シャベルで掘りかえしたかと思うほどだからだ。

 

ラベル、キャップ、液面(コルク下0.6センチ)とも状態は良好です。

$79.99

Comte Georges de Vogue Chambolle-Musigny Les Amoureuses 1987 (Damaged Label)

!

コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ 1987 シャンボール・ミュジニー・レザムルーズ(キズラベル)

超貴重な80年代のヴォギュエ・レザムルーズ!

コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエはブルゴーニュを代表する偉大なドメーヌで、1450年に設立され、パーカーも数あるブルゴーニュの生産者の中でベスト5の一つに挙げています。ミュジニーの中で最大の面積を所有するドメーヌでもあり、すばらしいコクのある最高のミュジニーを産み出します。

このレザムルーズという畑は1級畑ですが、「恋人たち」というロマンティックな名前で非常に人気があり、実質的には特級畑と言ってもいいほどの実力がある畑です。

 

ワイナート誌第9号、シャンボール・ミュジニー特集では、当然のように真っ先に取り上げられています。

 

ワイナート9号 シャンボール・ミュジニー特集より
「15世紀に建てられたまま現在でも使用されているドメーヌに足を踏み入れてみれば、ここはあのヴォギュエのもつ静謐な厳しさと共通する、近寄りがたい、冷たいといっても過言ではない、特異な気配が続いている。550年の歴史をまったく感じさせない、隅々まで補修され、清掃された、白い空間。中庭にひとり立つ時の異様な孤独感。人もまた同じ。無駄なおしゃべりなせずに淡々と働く従業員。そしてこのドメーヌの醸造責任者であるフランソワ・ミレ氏。ひっそりした声。あくまで理論的な、また自らの責任以外のことは一切口を開かない、ゆっくりした話しぶり。こわい・・・・・」

 

ラベルが大きく破損していますので、右上の写真をクリックしてご確認ください。
キャップ、液面(コルク下0.8センチ)の状態は良好です。

$749.99

D'Auvenay Bonnes-Mares 1994 (Free Cool Shipping)

!

ドーヴネ 1994 ボンヌ・マール

送料無料!わずか50メートル四方ほどの畑から生まれるドーヴネの至宝!

本品は日本への宅配便価格制限(30万円相当まで)のため、単独での発送となり、他のワインとの混載は出来ませんが、クール便での送料を無料とさせていただきます!オンライン上は送料が計算されて出てきますが、実際には送料を差し引いた金額にてご請求させていただきます。


ドメーヌ・ドーヴネ
ドーヴネはマダム・ルロワ個人所有のドメーヌです。彼女の品質への飽くなき追求心は、結果としてDRCの共同経営者の地位から追い出されてしまいましたが、逆にそのおかげで独自のワインに全力を傾注できるようになったと言えるかもしれません。


それにしても、とにかくドーヴネのものは入手困難なものばかりです。しかもドーヴネは白ワインの畑が多く、赤はボンヌ・マールとマジ・シャンベルタンしかないため、見かけるだけでも奇跡的なワインです。

ドーヴネのボンヌ・マールはヴォギュエやルーミエの区画に接するわずか0.26ヘクタールの小さなもので、これは50メートル四方ほどの広さしかないのです。ボンヌ・マール1994年はわずか870本しか造られていない実に貴重なワインです!


ボンヌ・マールの所有者マップ

 

 

ワイン・スペクテーターのコメント(93点)
「とても甘く、熟しており、しなやかなタンニンがある。とても丸くチャーミングで、偉大なほどの質感を持つ。いとおしくなるほどのプラム、カラント、ミネラルのキャラクター。とても上手く造られた、奥行きの深さが最高のワイン。実力を全て見せるまでは時間が必要。2002年以降に飲むこと。」

 

ドメーヌ・ドーヴネ (ロバート・パーカー著「ブルゴーニュ」より)
「サン・ロマンの高台に、すばらしく美しい、要塞のように囲まれた農家を持つこのドメーヌは、ラルー・ビーズ=ルロワ夫人の個人所有のブドウ園である(ドメーヌ・ルロワは日本の投資家との合弁事業である)。そのブドウ畑のボンヌ=マールとマジ=シャンベルタンにある区画は、ドメーヌ・ルロワと同様にバイオダイナミック農法で耕作されており、ワインもまた、細心の注意を払って醸造されている。ビーズ=ルロワは、毎年決まって、世界で最も優れた、そして最も高価なワインを生産している。」

 

ラベル、キャップ、液面(コルク下2.0センチ)の状態は良好です。

【楽天価格帯】 ¥324,000 (液漏れ/ラベル不良品)~¥540,000(液漏れ品)(2017/6/22)

$2,599.99

Dominique Laurent Gevrey-Chambertin VV 1997 (Minor Damaged Label)

!

ドミニク・ローラン 1997 ジュヴレ・シャンベルタン・VV(小キズラベル)

「新樽200%」で有名なローランの作!

ドミニク・ローランは1988年に32歳の若さで彗星のごとく現れた醸造家です。元パティシエ(菓子職人)が造るワインは、豊かな果実味と芳醇な味わいでたちまち評判を呼び、ブルゴーニュでもトップ5に入る醸造家と言われています。

『新樽200%』、ドミニク・ローランと言うとこの言葉が浮かびます。ネゴシアンのドミニク・ローランは樽ごとワインを買いつけます。蔵に届けられたワインは直ちにここで、新樽に入れ替えられるのです。半年後、もう一度新樽に入れ替えられます。このことをワインスペクテーター誌が「200% New Oak 」と呼んだのです。

というのも彼のブドウはあまりにもパワーがあり、普通の樽ではそのパワーを受け止めきれないからです。そこでこのような新樽200%というやり方が始められたのです。しかし彼がこの新樽200%のやり方を始めたのは実は偶然の産物でした。

ある年、購入したワインをいつものように新樽に移し替え、熟成後テースティングすると、これが素晴らしワインだったのです。そこで調べてみると実は購入したワインは既に新樽を使ったものだったことがわかりました。それ以来、この『新樽200%』による熟成が始まったのです。

ドミニク・ローランのワインのおいしさの秘訣は樽にあります。彼は現在ではニュイ・サン・ジョルジュの近くに4つの樽工房を所有していて、そこでマジック・カスクと呼ばれる樽を製造しています。 『この樽は魔法の樽だ』と言われたことから命名されたこの樽は、高級家具の化粧張りに使われるような樹齢250~300年のオークを、伝統的な樽工房ですべて手作業によってつくるので、しばしば『樽のロールスロイス』とも言われます。

 

 

ラベルにわずかですが表面のハガレがありますので、右上の写真をクリックしてご確認ください。
キャップ、液面(コルク下0.8センチ)の状態は良好です。

$119.99

Jean-Pierre Diconne Auxey-Duresses Rouge 1985

!

ジャン・ピエール・ディコンヌ 1985 オーセィ・デュレス・ルージュ

パーカーが「オーセィ・デュレス最高の小さなドメーヌ」と呼ぶドメーヌ!

 パーカーが「オーセィ・デュレス最高の小さなドメーヌのひとつ」と言う小さいながらも存在感を放つドメーヌです。しかも80年代のブルゴーニュでは最良のヴィンテージの1985年!

 

ジャン・ピエール・ディコンヌ (ロバート・パーカー著「ブルゴーニュ」より)
「小ドメーヌとしてはオーセィ=デュレス最高のひとつ。赤のオーセィ=デュレス・レ・デュレスは0.65haの古木の小区画から生まれ、このアペラシオンでは3傑に入る。0.9haの畑に産する白のオーセィ=デュレスもたいへん美味で、ここのムルソーよりも安いばかりか、出来が良いことしばしば。総面積は5haしかなく、ワインづくりもまことに職人かたぎなやり方である。赤白とも用いる新樽は10%以下で、18ヵ月樽熟させて瓶詰。その結果、つねに洗練された、バランスと果実味の良いワインができる。決して重量級ではないが、かけ値なしに満足がゆくうえ、5~7年の熟成に耐える。

 

ブルゴーニュ(赤) 1985年 (ロバート・パーカー著「ブルゴーニュ」)
1985年のブルゴーニュ赤ワインがどんなに素晴らしいものであるか、すでに耳にされたことであろう。その前評判はワインの仕込みが始まった頃から、あちこちで口にされたものだが、仕上がりはいかにも素晴らしい。
86年に初めて実物に接したときには、柔らかすぎるものが多く、比類ない極上ワインにしては骨組が弱いという印象を受けた。今やいうまでもなく、重厚さ、長い余韻、骨格を身につけ、これまで私が味わったブルゴーニュの赤のどれよりも色調が深く芳醇で、魅惑的で美味きわまるものになったと断言できる。
といっても生産者全員が偉大なワインをつくり出したわけではなく、なかには比類ないどころか、せいぜい<良>程度のワインにとどまったものがある。しかし私の付けた評点からおわかりのように、82年のボルドー以来これほど多くの傑作が輩出したぶどう産地はないのである。
それではなぜ85年産がこれほどまで並外れて良いのか。ぶどうの成育期間の天候が理想的であり、きわめて暑かったうえに、あられや腐敗にみまわれなかったことがより功を奏したのである。
一般的にワインの色調は、これまで見たことがないほど深い。まぎれもないピノ・ノワールの果実風味に満ちあふれ、みずみずしくフルボディで、極めて濃密かつ適度にタニックである。並外れた果熟味と舌を包む豊かな味わいがあり、酸は高からず低からずというところ。見事な熟度と芳醇さに、おさえ気味の程よい酸が配されて、現在85 年のワインは驚倒すべき魅力と好ましさを備えるに至った。
とはいえ、中でも最高のものは、1990-93年にならないと熟成期に入らないであろう。湿度のある涼しい場所できちんと保存すれば、その後も5~10年ほど保つと思われる。
注:85年産は、まず86年夏と秋の2回、樽から試飲。瓶では、88年秋と89年春、秋に同種グループ別にじっくり比較試飲した。

 

ブルゴーニュ(赤) 1985年 ★★★★★(最高評価) (M・ブロードベント著「ワイン・ヴィンテージ案内」)
「異常なほど酷寒だった冬。コート・ド・ニュイでは低地畑の気温が1 月にはマイナス25度まで下がり、かなりの被害が出た。それにもかかわらず、最終的には良好作。優秀な樹だけが厳しい冬に耐えたわけである。 春が寒かったので、開花が遅れなかなか咲き揃わなかった。しかし、その後収穫まで快晴で暖かい日が統き、9月、10月の天候は素晴らしかった。摘果は9月26日開始。完熟した葡萄を平年より多く収穫。 
豊潤で、熟成感があり、すっきりしていて、果実味あふれるワイン。たぶん1978年以降で一番良いバランス。」

 

ラベル、キャップ、液面(コルク下2.9センチ)とも状態は良好です。

$89.99

Marey-Monge Romanee St.-Vivant 1965 (by DRC) (Lower Fill)

!

モレ・マンジュ 1965 ロマネ・サン・ヴィヴァン(by DRC)(低液面)

モレ・マンジュのラベルでは最後のロマネ・サン・ヴィヴァン 

特級ロマネ・サン・ヴィヴァンの畑はそのほとんどをモレ・マンジュが所有していました。このボトルは1965年ヴィンテージで、モレ・マンジュのラベルになっていますが、裏にはドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティによる裏ラベルが貼ってあります。DRCは1946年にモレ・マンジュからロマネ・サン・ヴィヴァンの耕作権の一部を取得し、このワインの醸造にかかわってきたのです。

このワインの裏のラベルには、「このラベルが緑と黒色で書いてあれば『偉大なヴィンテージ』」、「マルーン(えんじ)と黒色だと『良好なヴィンテージ』」、「ドメーヌの基準に満たない年は瓶詰めされない」と書かれています。そしてこのボトルは緑と黒色のラベルです。つまり1965年はDRCが偉大なヴィンテージと認めた年ということになります。

モレ・マンジュのロマネ・サン・ヴィヴァンは1966年以降は耕作権を100%DRCが取得し、ラベルもDRCのものとなりました。さらに1988年にはDRCが畑を取得して現在に至っています。DRCはこの畑を取得する資金を捻出するためにエシェゾー、グラン・エシェゾーを売却してしまったほどです。それほどこの畑が欲しかったと言うことです。

DRCのロマネ・サン・ヴィヴァンは現在でもモレ・マンジュに敬意を表してラベルに「MAREY-MONGE」と記しています。

 

液面はコルク下5.5センチと低めです。表ラベルは割と良好ですが、裏のラベルの上部にはシミがあります。キャップシールに一部緑色のサビが見られます。いずれも右上の写真をクリックしてご確認ください。

$1,699.99